User:Nissy-KITAQ/Sandbox7

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to: navigation, search

作業場です。

警察庁によるロシアスパイの視察作業への介入

2000年2月末頃、警視庁公安部外事第一課が視察(監視)対象にしていた在日本ロシア大使館参事官のボリス・スミルノフについて、視察をやめるように警察庁警備局長に働きかけていた事件。

ボリス・スミルノフはスパイであるとみられていた。スミルノフは1972年にノーボスチ通信の特派員として入国。日本に対する積極工作(政治家や世論に働きかけ、自国に都合のいい状況を作ろうとする謀略の一種)に従事したとみられている。1979年には日本で諜報活動を行っていたKGB諜報員のスタニスラフ・レフチェンコがアメリカに亡命し、ソ連の諜報活動について証言した(詳細はレフチェンコ事件を参照)が、その中でもスミルノフが日本で諜報活動を行っており、ねつ造された周恩来の遺書を新聞記者に流すなどといった工作に従事していたと証言している。

そんな中、スミルノフは1998年に今度は外交官として入国を試みる。この際、外務省に査証経伺(外交官として入国してよいか紹介する手続き)があった段階で警察庁や公安調査庁などが受け入れに反対したものの、結局日本政府と外務省は「日露親善」という理由でスミルノフの入国を許してしまう。1年限りの視察

警察はスミルノフが諜報活動を任務とするロシア対外情報庁(SVR。KGBの後継組織)の東京駐在部長として赴任したものとみて、ロシアスパイの監視を任務とする警視庁公安部外事第一課の第四係がスミルノフに対して連日、強行追尾を含めた視察作業を行っていた。問題の発端はこの強行追尾であった。

「強行追尾」とは捜査員がスパイとされる人物に徹底的に付きまとう事で協力者との密会を妨害したり、外交官として接触する日本側の人間に「この者はスパイである」と知らしめる目的で行うもので、スパイ活動を防止するうえで重要なものとされる方法である。ある日、スミルノフと捜査員が衝突した。スミルノフは当時親交のあった佐藤優に相談。佐藤優を介して鈴木宗男から公安警察のトップである警察庁警備局長に圧力が掛り、視察作業は中止させられたといわれる[12]。

証人喚問でこのことを来たれた際に上田清司に質問された時には「覚えておりません」と証言し、その後に原口一博に同じ質問された時には「そういったことはなかったというふうに考えております」と証言した。

文化祭

西村は金沢でも同様の趣旨の「石川マスターズ文化祭」をプロデュースしており、今企画はその福岡版とも言える。

格闘術

格闘術(かくとうじゅつ)とは、

1、格闘技術の事。 2、第二次大戦末期に、本土決戦を想定して制定された格闘術。→綜合武術格闘術

礼儀に気を付けましょう

ウィキペディアに限らず、相手の表情や声色といった情報のわからないインターネット上では、ちょっとした事からトラブルに発展する事が少なくありません。ましてここは2ちゃんねるやYahoo!知恵袋などと違い、百科事典を作るいつもより礼儀に気を付け、出来るだけ品よく対応するようにしましょう。

長くやっていると分かりますが、ウィキペディアの中は意外と争いが多く、「修羅の国」といえる部分もあるかもしれません。