Wang Hu

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to navigation Jump to search
Wang Hu.jpg

Wang Hu (Chinese: 王瑚); 1865 – April 25, 1933) was a politician of the Qing dynasty and the Republic of China.He was born in Baoding, Hebei. He was the 6th Republic-era mayor of Beijing. He was affiliated with the Zhili clique of the Beiyang government.[1][2][3][4]

Preceded by
Wang Da
Mayor of Beijing
August-September 1920
Succeeded by
Sun Zhenjia

References[edit]

  1. ^ 徐主編(2007)、50頁。
  2. ^ 華夏経緯網。
  3. ^ 以上、徐主編(2007)、50頁による。華夏経緯網によると、1920年(民国9年)、甘粛禁煙勘察員となったが、まもなく湖南省賑務督弁に転じた、としている。
  4. ^ 劉ほか編(1995)、225頁による。徐主編(2007)、50頁は、実際には就任しなかった(「未就」)としている。

Bibliography[edit]

  • 徐友春主編 (2007). 民国人物大辞典 増訂版|和書. 河北人民出版社. ISBN 978-7-202-03014-1.
  • 「王瑚」 華夏人物庫-現代人物(華夏経緯網)
  • 劉寿林ほか編 (1995). 民国職官年表|和書. Zhonghua Book Company. ISBN 7-101-01320-1.